×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブラインドタッチとは

ブラインドタッチとは、パソコンや電卓にキーボード入力を行う際に、キーボード面を見ることなく指先の感覚だけを頼りにしてキーを叩く技術のことです。ブラインドタッチという名前は和製英語です。正確にはタッチタイピングと言います。
ブラインドタッチは、キーボードを見ながら打つタイピング方法に比べ、入力速度が上がります。また、ブラインドタッチを練習することで、ディスプレイとキーボード間の視点移動による目の疲労がかなり軽減されます。
ブラインドタッチの練習として、一番効率的なのは『量』です。無料・有料問わずブラインドタッチ用の練習ソフトはかなりあります。しかし、オススメの練習メニューは『初心者用チャット』に参加することです。会話を楽しみながら、少しずつブラインドタッチもできるようになります。
ブラインドタッチの練習を、楽しみながらゲーム感覚でやっていきましょう。

ブラインドタッチの無料練習ソフト

ブラインドタッチの無料練習ソフトは、かなりあります。どの練習ソフトを使ってもブラインドタッチの技術は向上していきます。1つだけ意識して練習して下さい。
ブラインドタッチの練習として、まず人指し指から上下に動く練習をします。キー名をよみあげながら。両方の人指し指の2列づつをこなしてしまうと他の指は非常に楽に動けます。
そして、ブラインドタッチの初期練習段階としては、頭の中でイメージすることも大切です。また、キーボード上部の数字キーですが、「F」「J」はホームポジションですので、ここを目安にします。その状態でキーボードをご覧頂きたいのですが、右手と左手の守備範囲を確認してみます。今指を置いている段は、「G」「H」で分かれます。その下の段は、「B」「N」で。そして上の段は、「T」「Y」。最後に数字の段ですが、「5」「6」で分かれます。境界線を御覧になってみて下さい。左上から右下に下がる斜線になります。つまり、数字キーは右手側がやや左寄りにカバーしなければならないということです。後はどの指でどの数字を押すべきか、しっかり役割分担をしてしまえば、打ち損ねはグンと少なくなります。

ブラインドタッチをゲームソフトで練習

ブラインドタッチをゲームソフトで練習すると、楽しく続けられると思われがちです。そして、タイピングになれていない方がよく思われるのが、「ホームポジション」で型通りの指配置でキーボードを打った方が早く打てるということです。
ブラインドタッチは、モニター画面を見ながら打つことであって、型通りの指配置で打つことではありません。ブラインドタッチのゲームソフトは、いくつか使ったことがありますが、確かに色々なキャラクターがでてきたりして、それなりには楽しめますが、そのうち飽きてきます。パターンが同じですので。
ゲームソフトでブラインドタッチの練習をするよりも、チャットをお薦めします。Yahooにも初心者専用のチャットがあり、皆さん、タイピングスピードは遅いです。慣れてくると、普通のチャットルームに行けば良いです。
ブラインドタッチのゲームソフトでキーボードを打つよりも、人とのコミュニケーションを楽しみながらやった方が、長続きします。楽しいですから。それに、相手を待たせてはいけない!!(笑)という思いもあるので、楽しみつつ、速く打てるようになります。

Copyright © 2007 ブラインドタッチの匠